うつ病薬で人気なお薬は?

うつ病薬で人気なお薬は?

うつ病薬で人気の薬はパキシル・ジェイゾロフト・レクサプロ・ルボックス/デプロメール等のSSRIになります。この薬は従来の薬より副作用が少なく医師が第一選択薬として選択するほどその効果が高く安全性が高い薬だといえます。もちろんこの薬でも副作用が全く無いと言う事はありませんが、それでも安全性が高いのが魅力です。副作用としては、吐き気・胃痛・下痢・睡眠障害が確認されていますが、次第に副作用の症状が弱くなり消えていきます。副作用の症状が長期間消え無い場合や強くなった場合は医師に必ず相談する必要があります。薬の服用を止めた場合の離脱症状もありますのでその点も注意が必要です。

うつ病や睡眠障害などでお悩みの方にお薦めのお薬があります

デパスの代わりになる薬とは?

デパスの代わりになる薬とは?

2016年10月14日からデパスを個人輸入できなくなったので、これまでデパスやデパスのジェネリックを個人輸入していた人は通販で購入できなくなってしまいました。そこでデパスの代わりになるものが必要になってくるわけですが、オススメはバスパーです。バスパーならデパスと似た効果を期待することができ、通販での個人輸入が可能で副作用や依存性も低いのでデパスの代わりになります。神経伝達物質の分泌を促進して不安な気分を和らげ、緊張を緩和するリラックス効果が期待できるので、デパスとほぼ同様の効果を得ることが可能です。

デパスの代わり通販一覧はこちら

デパスという薬が危険な理由

デパスという薬が危険な理由

デパスは睡眠作用と精神安定効果を持つ医薬品です。しかし、副作用や依存症の危険があります。具体的な副作用は眠気や倦怠感、ふらつきや物忘れです。デパスを服用によって、転倒してしまうといった危険が伴うことに注意しなければなりません。もちろん、頭痛や吐き気といった一般的な医薬品の副作用も起こりえます。そして、最も怖いのが依存症です。1ヶ月以上服用すると依存症に陥る可能性が生じます。したがってデパスの服用は最小限にとどめ、医師の指導のもと服用しなければなりません。場合によっては別の医薬品への変更も視野に入れましょう。

デパスの正しい使い方・飲み方

デパスの正しい使い方・飲み方

デパスはうつ病や神経症などの、ストレスが原因の疾患に悩んでいる人に処方される医薬品です。デパスの正しい飲み方や使い方を知っておくと、優れた効果が期待できます。比較的安全性の高い医薬品ですが、神経症やうつ病の場合は、決められた分量を一日に3回服用します。不眠症などの睡眠障害で悩んでいる人は、就寝前に決められた分量を守って服用して下さい。正しく服用すると辛い症状を緩和する働きがありますし、副作用も出にくいです。

デパスを個人輸入したらどうなる?

デパスを個人輸入したらどうなる?

乱用されやすい抗不安薬や眠剤を向精神薬に指定する事を目的として2016年9月に麻薬及び向精神薬取締法施行規約などを一部改正する政省令が公布され同年10月に施行されました。この改正の中には個人輸入の禁止などがあり、違反すれば罰則が科せられるようになりました。新たに指定された薬にはデパスも含まれており、これまで抗不安薬として扱われてきたデパスが向精神薬にカテゴライズされるようになりました。かつてはデパスを個人輸入して利用する方も少なくありませんでしたが、現在は医師からの処方以外の手段で入手した場合は3年以下の懲役となってしまうため細心の注意が必要です。